小さな節約は心が狭くなります。なるべく大きな節約をして、小さなことにこだわらない余裕を手に入れてください。


by ignitionp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

痩せるとお得だらけ。

痩せると、美しくなれるだけではありません。

食べないことで、まずは食費が浮きます。

運動することで、健康になります。

昔の服、手持ちの服が着られるようになり、
買わないで済みます。

太っていることは病気のリスクが高いので、
痩せて健康になれば、医療費が掛かりません。

痩せて美しくなれば、彼女・彼氏ができやすくなります。

ダイエットに成功すれば、
その達成感で自分に自信が持てます。

そして、一番大きなメリットは、
心が軽くなることです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
# by ignitionp | 2011-08-17 17:04 | 楽しい節約
都市部のサラリーマン・OLなら、通勤定期を持っていますよね。

これを通勤だけに使うのはもったいない。
日常のお買い物にもフル活用しましょう。

食料品や日用品などは、
近くのお店で買うことが習慣になっていて、
別の地域に激安のお店があることを知っていても、
なかなか利用しないものです。

それは、お買い物を目的にしてしまうからです。

お買い物だけを考えると、
わざわざ遠くへ出掛けるのは、お金と時間が掛かりますから。

こんな時に定期券を使って、
目的を変えてしまうのです。

激安店はいろんな地域に分散しているので、
気分転換もかねて、散策すれば良いのです。

散歩しながら、安いお店を探すのも楽しいものです。

知らない街に出掛けるのは、旅行気分にもなれます。

仕事帰りに立ち寄ったり、
休日にフラッと出掛けるのも悪くありません。

交通費は0円。家計も大助かり。
“ぶらり途中下車の旅”も楽しめます。



■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
# by ignitionp | 2011-03-17 11:47 | 楽しい節約

片手間農業で稼ぐ。

家庭菜園や貸し農園を借りて、
野菜づくりを楽しむ人が増えています。

新鮮で美味しい野菜が食べられる喜びを感じる人もいます。

ご近所に配って、喜ばれる楽しさを感じる人もいます。

野菜を買わなくてもいいので、節約にもなります。

でも、大きな節約を考える時には、まだまだ甘いと言えます。

たくさんできたから、お裾分け。
ではなく、この野菜を売って、
お金にすることを考えてください。

野菜を売ることに免許などありません。
JAを通さなければいいのです。

地元の直売所に置いてもらうこともできます。
売り上げの1〜3割程度を払えば、
委託販売することができます。

飲食店に直接売ることもできます。
安くすれば、買ってくれます。

大きな土地で作っているなら、
ネット通販することもできます。

同じ手間を掛けるなら、売ることを考えましょう。

貸し農園には、行政が無料でやっているところもあります。

植える種は、食べた野菜から取っておけば、
原価が掛かりません。



■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
# by ignitionp | 2011-02-12 11:30 | 楽しい節約
賃貸住宅を引っ越す際、
大家さんとの間でいろんなトラブルが発生します。

部屋の損傷、汚れ具合によって、
敷金・礼金の戻ってくるお金が変わります。

契約には無い、ハウスクリーニング代を
引かれることもあります。

「最初から汚れていた」「汚れていない」
「壊れていた」「いなかった」

という、揉め事はよくあります。

強引な大家さんにおされて、
渋々払ってしまう人もたくさんいます。

そうならないためには、どうすべきか。


入居の時にやるべきことがあります。

部屋の中をすべて写真に収め、
気になるところがあれば、メモ書きしておくのです。

これが、決定的な証拠となって、
“騙された”と思うことが無くなります。

大家さんに対して、強くアピールできます。



■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
# by ignitionp | 2010-11-13 16:31 | 楽しい節約

豊かな市町村で暮らす。

自営業者の入る国民健康保険。
実は、全国一律ではありません。

国が運営しているような印象がありますが、
実際には、各市町村の運営です。

その保険料は、同じ年収の人でも、
住んでいる市町村によって、驚くほど違いがあります。

少し古いデータですが、
市町村区民税を年間4万円払っている、
加入者2人世帯の場合。

札幌市では、年間44万円超の保険料ですが、
東京23区では、14万円超となります。
その差、30万円。ビックリしますよね。

これは、各市町村の財政に関係しています。
つまり、裕福な街に住めば、
保険料は安いということです。

他に、驚くような差のあるものとして、
水道料金があります。

水の豊富な街かどうかです。

1ヵ月千円程度の街があるかと思えば、
4、5千円の街もあります。

これでは、普通に生活しているだけで、
お金がかかってしまいます。

電気や都市ガスは、比較的似たような料金ですが、
プロパンガスになると、変わります。

世帯数や地理的条件によって、大きな差があります。
当然、世帯が少なく、山奥になれば、
輸送コストの問題で、とんでもない金額になります。


裕福な街では、他の住民サービスも充実しています。

小学生の医療費が無料だったり、
出産・長寿の祝い金が出たりします。

もし、引っ越しを考えるなら、
そんな街を探してみましょう。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
# by ignitionp | 2010-10-08 14:46 | 楽しい節約

世の中に流されない。

うちの近くのレンタルコテージ&キャンプ場は、
一昨年当たりから、極端にお客さんが減っています。

それまでは、この時期満杯だったのに。

景気の低迷で、
「安・近・短」のレジャーに変わってきています。

しかし、日本人は世の中の波に流されやすい。

不況だ、金が無い、節約しなくちゃ……と、
誰もが同じ方角を向いてしまいます。

本当にそうなのでしょうか?
まわりの雰囲気に酔っているだけのような気がします。

多少お金のある人でも、倹約モードになってしまっています。
これでは、消費が拡大しません。

自分の価値観で物事を判断して欲しいものです。

年に1回の旅行さえ、今年はやめておこうと、
子どもを泣かせる親もいます。

だんなの飲み代をちょっと減らすことはできませんか?
嫁の服や化粧品のブランドを替えることは?

日常生活には、ムダなことがいっぱいです。
ちょっと見直せば、旅行代ぐらいは出ます。

想い出づくりまで、ケチってどうするのですか!


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
# by ignitionp | 2010-09-17 15:53 | 楽しい節約
貧乏人は、人にモノをあげたりして、
相手を喜ばせることは、なかなかできません。

でも、お金が無くても、人を笑顔にしたり、
楽しませたりして、喜ばせることはできます。

仏教の教えに、「無財の七施(むざいのななせ)」
という言葉があります。

これは、宝を蔵の中に貯め込むのではなく、
自分の心の中に貯めよ、
それがとても大きな徳につながる、という教えです。

無財、つまり財力の無い人でも、
人に対して与えられる施しが、7つはあるということです。

この「無財の七施」を行なうことにより、
開運、金運、商運を呼び込める、と言われています。

「目による施し」

心を清らかに保ち、目つきも穏やかにすれば、
自分も気持ちが良く、人も気分が良くなる。

「笑顔による施し」

いつもにこやかな顔でいれば、自分も人も幸せになる。

「言葉による施し」

悪口を言ったり、グチをこぼしたりせず、
真の心で、真の言葉を遣う。

「まごころによる施し」

つねにまごころで人に接していれば、良いことが起こる。

「労働による施し」

弱い人やお年寄り、困っている人には、
無償で力を貸してあげよ。

「席を人に譲ることによる施し」

乗り物では、お年寄りや身体の不自由な人に、
席を譲ってあげる。

「住まいによる施し」

どんなボロ家に住んでいても、いつも清潔にしておけば、
自分も健康になり、人にも好ましく思われ、
みんなが清々しい気持ちになる。

お金が無くても、これだけのことができます。
施しを心がけ、自分の心に徳を積めば、
運も開けてくるということです。

ちょっと説教臭いのですが、
正しい教えだと思います。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
# by ignitionp | 2010-08-25 09:01 | 楽しい節約
雑誌やミニコミ誌で、「家計簿診断」などという
記事を見たことがあると思います。

フィナンシャルプランナーが、
家計の無駄を指摘し、改善策を提案しています。

これを見ていると、
「家計が苦しい」「生活がギリギリ」
とか言っている人の家計には、
まだまだ余裕があるように思います。

プロが指摘するのは、
保険料やローンの返済方法などが主ですが、
私はもっと多くの無駄を見つけます。

専業主婦であまり外出しないのに、
携帯電話を持っていたり、
子どもに3つも4つも習い事をさせたりしています。

3人家族なのに、大きな車に乗っている。

妻がパートに出たために、食事が作れなくなり、
中食・外食が増えている。

家族みんなが携帯電話を持っているのに、
固定電話をそのまま契約している。

シーズン毎に新しい服を買おうとする。

読まない新聞を取り続けている。

こういう人たちは何が問題かと言うと、
本気の節約意識が無いということです。

生活費のひとつひとつを真剣に見直していないんです。

なんとかなっているから、
考えることが面倒なだけです。

それで、「苦しい、苦しい」と言われては、
本当の貧乏人に失礼です。

無駄をすべて見直せば、かなりの余裕ができて、
お金の心配が無くなり、心穏やかに暮らせるはずです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
# by ignitionp | 2010-08-18 14:54 | 楽しい節約
私が幼い頃、
両親は私を頻繁に遊園地に連れていった。らしい。

そう、まーったく憶えていない。

私も息子を何度か連れて行ったが、
やっぱり憶えていない。

幼児は遊園地ではなく、海や川、公園などで充分。

走ったり、こけたり、
木や貝を拾ったりすることが、楽しい。

親と遊ぶことがうれしい。

遊園地の乗り物も楽しいかもしれないが、
そこに親との触れ合いは少ない。

ブランコを押してやったり、
すべり台の下で受け止めてやったりすることの方が、
子どもは喜ぶ。

ハッキリは憶えていなくても、
心の奥に必ず残る。

それが、やがて大人になった時、
自分の子どもを育てる力になる。

そんな気がする。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
# by ignitionp | 2010-08-11 09:10 | 楽しい節約

中古なんかイヤや!?

あるおばちゃんが、
「車が古なったから、買わなあかん」と言ったので、
私が「中古でええやん!」と言ったら、
「中古なんかイヤや!人が乗ってたのに」
と返してきました。

なんという人でしょう。

プリークなのかもしれないが、確かにこんな人は結構います。

こんな人は、ブックオフも利用しないのでしょうか。

新車を買うという人は、新車の方が長持ちする、
と思うかもしれませんが、3万キロ走っただけの車と
新車の値段はあまりにも違います。

どう考えても、中古の方が得。

車が趣味というのならわからなくもないのですが、
ただの道具なら、中古でいいんじゃないでしょうか。

それに、いまの車は性能がいいので、
中古でも潰れやすいということもありません。

新車にしなければいけない理由などまったく無いんです。

本だって、そうです。

新聞や雑誌の広告を見て、読みたいと思ったら、
すぐに本屋さんに行きます。

その本は、いま読まなければいけないのでしょうか。

ブックオフで本を見ていると、
興味のある本はいくらでもあります。

105円のコーナーでも、たくさんあります。

新しい本と古い本。

いまの自分にとって、どちらが面白いのか、
役に立つのかは、わかりません。

だったら、安い方でいいはず。

興味を持った新しい本は、
いずれブックオフに並ぶかもしれません。

その時でいいんじゃないでしょうか。

私は、仕事関係以外の本は、
できるだけブックオフで買います。

基本は、105円。

新しい本を1冊買うお金で、12〜3冊は買えます。

つまり、得る知識も12〜3倍。
そう考えられないでしょうか。

その他にも、生活に必要なものは、
まずリサイクルで探し、
新品との比較をして、決めるようにしています。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
# by ignitionp | 2010-08-04 08:43 | 楽しい節約