小さな節約は心が狭くなります。なるべく大きな節約をして、小さなことにこだわらない余裕を手に入れてください。


by ignitionp
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

まだまだ削れる家計の無駄。

雑誌やミニコミ誌で、「家計簿診断」などという
記事を見たことがあると思います。

フィナンシャルプランナーが、
家計の無駄を指摘し、改善策を提案しています。

これを見ていると、
「家計が苦しい」「生活がギリギリ」
とか言っている人の家計には、
まだまだ余裕があるように思います。

プロが指摘するのは、
保険料やローンの返済方法などが主ですが、
私はもっと多くの無駄を見つけます。

専業主婦であまり外出しないのに、
携帯電話を持っていたり、
子どもに3つも4つも習い事をさせたりしています。

3人家族なのに、大きな車に乗っている。

妻がパートに出たために、食事が作れなくなり、
中食・外食が増えている。

家族みんなが携帯電話を持っているのに、
固定電話をそのまま契約している。

シーズン毎に新しい服を買おうとする。

読まない新聞を取り続けている。

こういう人たちは何が問題かと言うと、
本気の節約意識が無いということです。

生活費のひとつひとつを真剣に見直していないんです。

なんとかなっているから、
考えることが面倒なだけです。

それで、「苦しい、苦しい」と言われては、
本当の貧乏人に失礼です。

無駄をすべて見直せば、かなりの余裕ができて、
お金の心配が無くなり、心穏やかに暮らせるはずです。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
by ignitionp | 2010-08-18 14:54 | 楽しい節約