小さな節約は心が狭くなります。なるべく大きな節約をして、小さなことにこだわらない余裕を手に入れてください。


by ignitionp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

車のバッテリー交換

車の修理屋さんやガソリンスタントで、
「そろそろバッテリー交換した方がいいですよ」
と、言われたら、
「は〜い、また今度!」
と、答えましょう。

自分で交換した方が、はるかに安くなるからです。

私の車は軽自動車ですが、
修理屋さんやスタンドでバッテリーを交換すると、
本体3000〜5000円くらいした上に、
手間賃1000〜1500円を取られます。
合計4000〜6500円くらいになります。

(現在、本体価格は7000〜10000円程度になっています)

一度、高速道路のスタンドで、
9000円と言われたことがあります。
ぼったくりです。

(現在、13000円程度だと思います)

自分で交換するのは、とっても簡単です。

本体につながっている電気コード2本を外して、
本体を固定している金具をゆるめて、取り出し、
新しいバッテリーと入れ替えるだけです。

気をつけることは、
取り外しと取りつけの際のコードの順番だけです。
理由は知りませんが、決まっています。

これは、バッテリーの外箱に書かれていますので、
その通りにすればいいだけです。

私は間違った順番で取りつけましたが、
何も問題は起こっていません。
でも、みなさんは、気をつけましょう。

バッテリーは、
カー用品のお店やホームセンターで売っています。
私が買っているのは、1980円のものです。
安いでしょ。(現在、4980円程度になっています)

まぁ、プロは「安いのはダメだよ」と
言うでしょうがね。
私の車は、調子がいいですけどね。

取り替える時間は、5分ほどです。
バッテリーの箱に、交換方法が書かれています。


ちなみに、
ウィンカーやバックライトの交換も簡単ですよ。
車の構造をよく見てください。
すぐに、わかります。
自信が無ければ、プロの手に。


※中古のバッテリーも販売されています。
 現在、私はそれを使用しています。

▼中古バッテリーのショップをご紹介しています。

ブログ『心満腹!激安SHOP』


■人気ホームページランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
人気ホームページランキングへ
[PR]
by ignitionp | 2009-04-28 14:38

値切り交渉・工事代金

わが家は田舎ですので、ガスはプロパンです。
そのボンベを定期的に交換にやって来るのですが、
設置場所がリビングのすぐ横で、カーテンを開けていると、
作業する人が突然横切ったりします。
変な格好でいられない状態でした。

これでは困るので、
ボンベを別の場所に移動してもらうことにしました。
もちろん、有料ですが。

そこで、交渉です。

移動させるためには、パイプを伸ばさなければならず、
3メートルで3000円かかります。
私が指定した場所までは、11メートル。
12000円となりますが、
担当者は9000円でいい、と言いました。

でも、元大阪人の私は、そんなもので満足はしません。
「もっと、安くして!」とお願いしたら、
「じゃあ、6000円」となりましたが、まだまだ。

いま現在、電気温水器を使っているので、
「今度、温水器が壊れたら、ガスに替えるから、
もっと安くして!」と交渉。

4000円。
「もっと!」
相手は苦笑いをしながら、
「それじゃあ、こちらの条件を呑んでくれたら、
タダにします」となりました。

それは、いまの小さなボンベから、
大きなボンベに替えること。
それと、もう少し移動して、
道路端に設置すること、でした。

交換する手間を省くためです。
私はすぐにOKして、工事代金はタダになりました。

「そんなにウマくいくことは、滅多にないわよ」
と思いますか?

でも、私の粘りがあったからこそ、
タダになったのは事実です。
初めから諦めていたら、
高い金額を払うことになっていました。

言ってみなければ、わからないんです。
ダメで元々なんです。

どんな工事でも、値切ることはできます。
相手のメリットを提示してあげることが、コツですね。

ただ、あまり値切り過ぎて、
手抜きされないように注意してください。


■人気ホームページランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
人気ホームページランキングへ
[PR]
by ignitionp | 2009-04-22 10:15

値切り交渉・住宅

これは、亡くなったおやじの話です。

30年近く前になりますが、
わが家は小さなマンションを買うことにしました。
ずっと、狭いアパート住まいだったので、
おやじが頑張ったのです。

物件を探していた時、
建築中のマンションで入居者を募集していたので、
申し込むことに。

そこで、おやじの交渉です。

私たちが欲しいと思った部屋は、1320万円。
おやじは、「20万円負けてくれ」と言いました。

横にいた私はビックリです。
家まで値切れるのか、と思ったからです。

「20万円は、他の部屋に振り分ければいいでしょ」
という交渉でした。

で、これが通ったのです。
1300万円になりました。

どうして、こういうことができるのか。

マンションは、「1棟全体でいくら」
という計算をしていて、
それを階層や場所などの条件によって、
“適当”に振り分けている場合が多いのです。

おやじがこのことを知っていたのかどうかは
わかりませんが、交渉は成立です。

他の入居者には申し訳ないのですが、
もうおやじは亡くなっているので、
お許しいただくことにしましょう。

この考えでいくと、住宅団地でも、
使える手なのかもしれません。

数十万円は、大きいですからね。

この血を引く私は、高校生くらいから、
家電製品や家具を値切るようになりました。


■人気ホームページランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
人気ホームページランキングへ
[PR]
by ignitionp | 2009-04-17 14:16
日曜大工で、あれこれ作れば、安く済む?

いいえ、そうでもありません。
木材って、高いんです、

通販の家具なんて、安いものが多いので、
買った方がいい場合もあります。

でも私は、家で必要なものは、
できるだけ自分で作るようにしています。

それは、木材を買わずに作ることができるからです。
貰ってくるんです。

建築現場へ行き、端材を貰うんです。

家を作っていると、
切り落とした木材の端がたくさん出てきます。

端材と言っても、
1〜2メートルのものもあったりします。

そんな端材は、最後に捨てるか、
冬場なら、その場で燃やして、
大工さんが暖を取っています。

実に、もったいない。

大工さんにとっては、
そんな端材を残してもおいても、
使いにくいだけなんです。

だから、それを貰ってくればいいんです。

私はこれで、机、棚、犬小屋を作りました。

タダですよ、タダ。


■人気ホームページランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
人気ホームページランキングへ
[PR]
by ignitionp | 2009-04-13 14:53
釣りをする方なら、すぐにわかると思いますが、
ルアー(疑似餌)や毛針という針を使うのです。

ルアーは、樹脂や金属でできた、魚や虫のカタチをした針のこと。
毛針は、鳥の羽や糸を使って、虫に見せかけた針のこと。

だから、エサがいらないのです。
本来は、釣る魚や場所に合わせて、これらを使い分けるのですが、
食べるために釣る貧乏人は、そんな固いことを考えずに、
すべて、これで釣ってみましょう。

川なら、小さなルアーや毛針で、ウグイ、オイカワといった、
10センチほどの食べられる魚が釣れます。

海なら、ルアーで、アジやサバが釣れる場合があります。
防波堤では、毛針を使えば、イワシやグレの子どもが引っ掛かります。

この場合、他の釣り人がたくさんいる場所の近くが、釣れやすいです。
それは、魚を寄せつけるために、撒き餌(エサをバラまくこと)をするからです。
そのおこぼれにあずかろうというわけです。

釣りの道具は、安いもので構いません。一度買えば、ずっと使えます。
子どもの入門用のような道具は、安く売っています。

たえず、車に積んでおけば、いつでも晩ごはんが釣れます。
クーラーボックスも積んでおけばいいでしょう。
氷は、スーパーのレジ近くに、
無料のものが置いてありますので、それをいただきます。
「スーパーさん、ごめんなさい」と言って。

車を持っていない方は、30センチくらいに収納できる、
釣り竿セットも売っていますので、これをバッグに入れておきます。
あと、ビニール袋。氷は、スーパーで。こらこらっ!


■人気ホームページランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
人気ホームページランキングへ
[PR]
by ignitionp | 2009-04-06 14:15