小さな節約は心が狭くなります。なるべく大きな節約をして、小さなことにこだわらない余裕を手に入れてください。


by ignitionp
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

麺つゆを簡単に作る。

夏場によく感じていたんですが、
冷たい麺類を食べる時に、
“これだ!”という、美味しい麺つゆがないんですよね。

濃縮タイプは、ほぼ間違いなくマズいし、
ストレートのものも、高い割には、どうも美味しくない。

そこで、自分で作れないものかと考えてみました。
どんな調味料で作ればいいのかがわからなかったので、
まず、市販の麺つゆの原材料名の項目を見てみました。

料理本やネットで調べればいいのですが、
それも面倒だったので、
買物ついでに、スーパーで見ました。

かつお節、さば節、しょうゆ、砂糖、みりん、
糖類、増粘多糖類、なんだ、かんだ、
と書いてありました。

これをそのまま作るのは、お金がかかりますので、
代用品を考えます。

だしは、粉末で良し。みりんは、砂糖だけでも良し。
その他は眼をつむります。

この適当さが、楽しく節約するコツです。
どうなるのかを楽しみにすればいいんです。

で、粉末だしの素、砂糖、しょうゆを鍋で煮て、
冷めたら、空ペットボトルかビンに入れて、冷蔵庫へ。

味を見ながら、辛めが好きな方はしょうゆを多くし、
甘めが好きな方は砂糖を多くします。
自分で作るんですから、好きな味になります。

しかし、鍋で煮たりするのも結構面倒ですよね。
そこで、手抜き方法を。

しょうゆの空ペットボトルに、これらの材料を入れ、
シェイクします。
これだけです。

火は通していませんが、水を使っていないので、
雑菌もあまり繁殖しませんので、
冷蔵庫に入れておけば、まず腐ることはありません。
とっても安くできますしね。

麺つゆだけでなく、煮物にも使えるし、
かけしょうゆの代わりにもなります。

私のお奨めは、玉子かけごはんです。
すご〜〜〜く、美味しいです。


■人気ホームページランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
人気ホームページランキングへ
[PR]
by ignitionp | 2009-05-31 10:28
旅行に出かける時の心得。
それは、誰にも言わないことです。

お土産を買わなくて済むので、かなりの節約になります。
でも、そうはいかないのが、社会人の辛いところ。
おつき合いというものがありますからね。

海外ともなると、みんなに期待されてしまいますし。
これが、結構高いんですよ。

物価の安い国へ行っても、
お土産となると、そこそこします。

免税店で買っても、1万2万はすぐに無くなります。

そこで、私の経験からお教えしましょう。

土産物屋さんや免税店で買わないこと。
観光客が行かないような、
現地のスーパー、商店で探します。

これが、面白いモノを発見できるんです。
何だかわからない置物やド派手な日用雑貨。
現地メーカーのお菓子なんて、すごく面白いです。

これらは、絶対に喜んでもらえます。
お土産品の5分の1、10分の1の値段で買えます。

もうひとつ、私が発見したのは、
土産物屋さんとまったく同じものを
小さな商店でも売っている、ということです。

値段は、3分の1以下だったりします。
これは、探してみる価値はあります。

現地の生活の様子を知ることができるので、
スーパーや商店を覗いてみてください。
面白いし、勉強になりますよ。


■人気ホームページランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
人気ホームページランキングへ
[PR]
by ignitionp | 2009-05-28 09:55
私は、過去7回引っ越しをしています。
うち3回は、引っ越し屋さんに頼んでいますが、
もちろん、値切っています。

とにかく、お願いしまくることです。
しかも、2回目以降は、同じ業者に頼むことがコツです。

まず初めて利用する時は、
「お金が無いから」と値切ります。

2回目は、
「前にもお宅の会社に頼んだんだから、安くして」

3回目は、
「これまで2回も頼んだ上に、
 次の引っ越しもお宅に頼むから。
 次は、沖縄に行くかもしれないし」

これは、実際に私が言った言葉です。
沖縄の話もまんざら嘘でもありません。
実現するかどうかはわかりませんが。

これで私は、1回に数万円を値切りました。


もし、営業マンが見積もりを20万円と言ってきたら、
「12、3万円なら、助かるんだけど」
と、言ってみてください。

極端な数字を言うことが大切です。

当然、営業マンは「それは厳しいですね」と言って、
「18万円で、どうでしょう」となります。

次に、「15万円くらいにして」とお願いします。
「じゃあ、17万円では?」となったら、
「16万円にして」と、懇願します。

すると、営業マンは、
仕方なく会社の上司に電話をします。
値引きしてもいいかどうかを確認するためです。

おそらく、値切りのキツいお客さまの場合には、
電話で確認しろ、となっているのでしょう。

上司に確認することで、
お客さまを納得させる“手”かもしれませんが。

まぁ、そこまで値切ることができれば、
充分だと考えましょう。

私の場合も、営業マンは沖縄の話まで、
上司にしていました。

これで、商談成立となります。
めでたし、めでたし。

…………ではありません。

いまは、引っ越し用段ボールを
無料でくれる業者はありますが、
私の時は有料でした。

そこで、「段ボール、サービスしといて」
とお願いしたら、苦笑いしながらも、くれました。
いやぁ〜、いい人です。


引っ越しをすると、他にもお金がかかりますから、
できるだけ節約しないとね。

交渉は、“粘り”です。


■人気ホームページランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
人気ホームページランキングへ
[PR]
by ignitionp | 2009-05-26 10:20

椅子の布を張り替える。

ダイニングテーブルの椅子。学習用の椅子。
座るところの布が破れてきたら、どうしていますか?

捨てる? もったいない!
座布団で隠す? それもいいですね。
100円ショップでも座布団は売っていますから。
でも、ダサい?

だったら、思い切って、張り替えてみましょう。
正確には、上から布を張ってしまうんです。

ダイニングの木製椅子なら、座面と本体は、
木ネジで止めてあるだけのものが多いので、
これをはずし、座面に布をかぶせて、
裏面をかすがい
(コードなどを壁や柱につけるためのコの字型の釘)
や小さな釘で止めます。

わざわざ、張ってある布をはがすことはありません。
そのままの方が、布が二重になって丈夫です。
布を張ったら、本体に取りつけ、完成です。

学習用の椅子は、取りはずしが面倒なら、
そのまま上から布をかぶせ、
座面の裏で止めます。

もし、裏がプラスチックなら、
カーペット用の両面テープ
(ホームセンターで売っている)でつけるか、
布に紐をつけて、結ぶようにします。
これなら、洗濯もできます。

捨てようと思っていた服やシーツを切って使えば、
面白いデザインになりますよ。

何でも簡単に捨てないでくださいね。

「捨てる技術」はお金持ちのやること。
貧乏人は「捨てない技術」を学びましょう。


■人気ホームページランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
人気ホームページランキングへ
[PR]
by ignitionp | 2009-05-20 09:33

家具を拾う、もらう。

貧乏人の心得「拾う・もらう・作る」

作るのは、手先の問題があるので、置いといて。

欲しいものがあるなら、
まず、拾うこと、もらうことを考えましょう。

買うと高いものは、ぜひぜひ、そうしたいものです。

たとえば、家具。
テーブルセット、タンス、本棚、こたつなど。

これらを拾えるのは、「大型ゴミの日」です。
まだまだ使えるのに、すぐに捨ててしまいます。
あぁ〜、もったいない。

朝早くジョギング(フリをするだけ)でもして、
欲しいものを探しましょう。

あるいは、車でまわってもいいでしょう。

傷んでいるところは、100円ショップで売っている、
補修材などで直せばいいんです。

かなり古い感じのものは、補修せずに、
アンティークだと思い込みましょう。
(思い込まなあかんのかい!)

ちょっと、裏ワザを。

マンションやアパートの経営者や管理人と
お友だちになっておき、

「いいものが出ていたら、連絡してちょうだいね」

と、お願いしておくんです。
これなら、わざわざ探し歩くこともありません。

拾うのは、気が引けるなぁ〜という人は、
もらう方法を。

転勤する人、
結婚するひとり暮らしの人に、接近します。

そう、不要なものの処分に困っているはずです。

「私が引き取ってあげるわ」

と、堂々ともらえます。

最近は、不要品の処分にもお金がかかりますから、
喜んでもらえます。

私が住んでいるのは田舎なので、
あまり使えそうなものは拾えません。

だって、ものを大切にすることが、
身体に染みついていますから。
あちゃぁ〜!

だから私は、自分で作ります。


■人気ホームページランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
人気ホームページランキングへ
[PR]
by ignitionp | 2009-05-12 15:04
子どもの日、誕生日、クリスマス。
デコレーションケーキを買うご家庭も多いことでしょう。

あ〜ぁ、もったいない! 2000円? 3000円?
自分で作れば、数百円ですよ。

ケーキなんか作れないって?
それは、やったことが無いから、
そう決めつけているだけです。

正確な分量を計る料理が大嫌いな私でさえ、
ケーキは作るんですよ。

デコレーションケーキは、ほんと簡単なんです。
そりゃ、プロのようなデコレーションはできません。
でもね、家族は売っているケーキより、喜んでくれます。


スポンジ部分の作り方は、本を見れば、わかります。
材料をまぜて、オーブンで焼くだけです。

えっ、ケーキの型が無いって?
今どきは、100円ショップでも売っています。

どうしても、作るのが面倒なら、
スーパーでケーキ用のスポンジだけを売っています。

なければ、ロールケーキ(スイスロール)を買って来て、
スポンジづくりを手抜きしましょう。

生クリームは、砂糖をまぜて、泡立てるだけです。
電動泡立て器があれば、楽ですよ。
1000円くらいで売っていますから、
一度買えば、ずっと使えます。


スポンジの間に、生クリームと缶詰フルーツを挟んで、
その上から生クリームをぬり、
フルーツを適当にのせます。

デコレーションには、市販のお菓子をのせても、
面白いですよ。
たけのこの里、きのこの山、
アポロチョコなどがお奨めです。
かわいいしね。

星型で絞り出して、デコレーションしたいのなら、
これも100円ショップで売っています。


ヘタでもいいんです。
楽しみながら作りましょう。
子どもたちと一緒に作るのも、面白がってくれます。

高いのに、大したことの無い、メーカーのケーキより、
手抜きでも、手づくりしたケーキの方が、
子どもも喜んでくれます。
素敵な想い出にもなります。


■人気ホームページランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
人気ホームページランキングへ
[PR]
by ignitionp | 2009-05-07 11:00