小さな節約は心が狭くなります。なるべく大きな節約をして、小さなことにこだわらない余裕を手に入れてください。


by ignitionp
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

節約とは儲けること。

靴下に穴が開いた。

捨てれば、また買わなくちゃいけないので、
安くても100円かかる。

繕えば、100円使わなくて済む。

つまり、「100円儲かったなぁ」と考える。

ほんの2〜3分の作業で、100円儲かる。
これはすごい時給になる。

自転車のタイヤがパンクした時、
自分で修理すると、材料費は20〜30円。
自転車屋さんに行くと、1000円取られる。
970円の儲け。

ちょっと自分で作業するだけで、
儲けることができる。
これは素晴らしいことだ。

でも、もっと素晴らしいことは、
こうしたことを自分でできる
「技術」を持っているという事実。

これが、満足感になっている。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
by ignitionp | 2010-06-30 09:23 | 楽しい節約

銭湯へ行こう。

「ゆ」と書かれた暖簾。
いつもお決まりの下駄箱。
暑いねぇ、と言葉をかわす番台。
人が使っていると悔しい、“自分の”ロッカー。
○○ガラス店と書かれた大きな鏡。
お金を入れて使ったことのないマッサージチェア。

なんともワクワクする銭湯の中。

浴室の扉を開けると、そこはパラダイス。
そう、昭和の香りが、言葉をも古くする。

掛け湯をして、湯舟に浸かると、
あ゛ぁ〜と声を漏らさずにはおれぬ。

これほどの庶民の幸せがあるだろうか。

人がいなければ、泳ぐことも、潜ることもできる。

昔は、背中に般若や鯉、龍がデザインされた人たちも
いっしょに入っていた。
別に怖くもなかったし、キレイだと思っていた。

広い洗い場で、気持ち良く身体も洗えた。

浴室から出ると、最高の幸せが待っていた。

コーヒー牛乳。

これを美味しく飲むために、のぼせるくらいまで、
湯に浸かっていたものだ。

ゴクッゴクッ! 一気に飲む。
これが幸せ。

人は、小さな幸せのために、
一生懸命働くことのできるものだと思う。

最近は、みんな贅沢になり過ぎだ。
贅沢に慣れてしまうから、次から次へと贅沢を求め、
借金までするようになる。

バカだ。
本当の幸せを知らない、愚かなやつばかり。

自分のまわりを見てみろ。
幸せなんていっぱいあるものだ。

いま、銭湯がちょっと高くなっているが、
温泉リゾートや健康ランドに比べれば安いもの。

それに、この手の施設は、
レストランやゲームセンターなどの誘惑も多いので、
お金がかかってしまう。

小さな子どもがいるなら、
ぜひ、銭湯に連れて行ってあげよう。

きっと、コーヒー牛乳の美味しさを知るはずだ。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
by ignitionp | 2010-06-23 10:45 | 楽しい節約

ダブルソフトの幸せ。

製造から3日くらい経っても、
ふわっふわな食パン「ダブルソフト」。

わが家の憧れだ。

こんなに美味しい食パンを毎日食べられたら、
どんなに幸せだろう、と、ハイジの白パンのように、
興奮してしまう。

しっかし、高い!
メーカー希望小売価格は、確か250円くらい。
スーパーでは、220〜230円で売っている。
安売りでも、198円。

そんなもん、毎日食べられるわけないやん!

だから、年に1回か2回しか買わない。
極端に少ないなぁ〜。

たま〜〜〜〜〜〜に買うと、感動も大きく、
喜びに満ち、幸せなひとときを過ごせる。

「ダブルソフト」が家にあると、
家族の誰もが
「おおぉぉぉ〜〜、すげぇ!」
「何があったん?」
「明日から大丈夫か?」
と、驚いてしまうほどの存在感だ。

もし、毎日食べていたら、感動などない。
慣れてしまって、もっと美味しいパンを探そうと、
わがままになるだけだ。

で〜も、普段安いパンを食べていれば、
「ダブルソフト」に出逢えた時には、
幸せになれるというものだ。

贅沢をしてはいかん。

贅沢に慣れてしまうと、
“これは贅沢だなぁ〜”
と、感じることができなくなるんだぞ。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
by ignitionp | 2010-06-15 14:22 | 楽しい節約

毛布を洗濯しよう。

うちの洗濯機は6kg洗いなので、3kgまでの毛布が洗える。

どうも納得できないが、3kgまでしか洗えない。

前の洗濯機は5kg洗いだったけど、
大きな毛布が入らなかったので、
風呂の浴槽で、ガンジス川洗いをしていた。

そう、足で何度も踏んで洗うのだ。
嫁はんとふたりで、行進しながら洗う。

これが、非常に疲れる。
足がパンパンに張ってしまう。

でも、クリーニングに出すお金は無いので、仕方ない。

考え方によっては、いまはセレブだと思う。
足で洗わず、洗濯機で洗えるんだから。

まぁ、2日間は干さないといけないが、
それでふっかふかになる。

また冬が来れば、ほっかほかで眠れそうだ。

ところで、あと何枚洗うんだ?

うちは布団が薄いので、その分毛布が多くなる。
やっぱ、貧乏だ。


■人気ランキングに参加しています。
 1クリックをお願いいたします。
ブログランキング
[PR]
by ignitionp | 2010-06-08 14:31 | 楽しい節約